Home » カギは私が持っているのに、金庫のお金が減っている

カギは私が持っているのに、金庫のお金が減っている

私は宮城県の山側にある町に嫁ぎ、今年で20年を迎えた主婦です。元々の出身は海にほど近い神奈川県横浜だったのですが、通っていた専門学校で今の旦那と知り合い、5年の交際期間を経て結婚。現在は一男一女の母として、家族の帰る家を守る専業主婦をやっています。
形式的に「私が夫の実家に嫁いできた」格好となっていることもあり、舅・姑とも同居していますが、どうも最近、この二人の挙動が妙なのです。何というか、少し漠然としていて言葉にはし辛いのですが、「こちらの隙を伺っている目線」を感じるとでもいう感じで、どうにも嫌な感じです。

実は私がこう感じるようになったのには、あるきっかけがあります。それは、家の金庫に入っている現金が減っていることに気づいたから。それも状況として、「カギは私が持っているのに、金庫のお金が減っている」という形ではあるのですが、私はこのスペアキーを夫が舅に渡していたのを知っています。金庫の中のお金を減らせるとしたら、「私が不在の折に舅や姑が勝手に持ち出している」という状況しか思い至らないのです。

このことを旦那に相談すべきかどうか迷っていますが、昨日また現金が20万円ほど減っていて、もう放置できないと決断しました。
今夜夫が帰宅したら、この件を切り出そうと考えています。