Home » 「タンス預金」って言うけど、仕舞っているのは金庫でしょ。

「タンス預金」って言うけど、仕舞っているのは金庫でしょ。

うちのおじいちゃんはお金にがめつい。株で儲けたお金がたくさんあるとおばあちゃんが言っていたけれど、私が高校生になってアルバイトを始めた途端お小遣いどころかお年玉すらもくれなくなった。普通は孫って可愛くて、気を引くためにお金で釣るものじゃない?私の友達を見ていると、みんなおじいちゃんおばあちゃんからお小遣いをもらっている子が多いのに。そんな私の気持ちを見透かしたかのように、おばあちゃんが、「おじいちゃんは小さい頃にお金で苦労してきた人だから、普通の人よりもお金に対する気持ちが強いのよ」とフォローをしてくれた。私のことがどうでもいいからお金をあげないわけじゃない、と言ってくれようとしたんだと思う。

そんなお金にがめつい…じゃなかった、お金に対する気持ちが強いおじいちゃん、銀行には一円も預けていない。すべて金庫に仕舞ってあるそうだ。「タンス預金が一番だ」っておじいちゃんは言うけど、仕舞っているのは金庫でしょ、とツッコみを入れたくなる。でも私からしたら、金庫よりも銀行に預ける方が利子もつくしお得なんじゃないかなーと思うけれど、おじいちゃん曰く、「銀行は信用できん、泥棒だ」とまでいう始末だ。きっとおじいちゃんが小さい頃お金で苦労してきたことに銀行が関わっているような気がするけれど、実は誰もその過去について知らないし、聞ける雰囲気でもない。今になっても明かすことのできない、おじいちゃんの深いトラウマなんだろう。

そんなおじいちゃんの生い立ちは仕方ないとして、一言だけ言いたい。私がいつか結婚するとき、結婚祝いくらいは弾んでよね、おじいちゃん。